2007年03月09日

ところ変われば!

ダダくん、薄着でがんばってるね!やっぱり、子供は薄着できたえなくちゃ!でも。。。
ドイツだと、寒そうな服装をしていると、「親が虐待しているのではないか。」と思われてしまうんです。去年の冬、うっかり、息子にハイソックスではない普通の靴下をはかせて電車に乗って、座席にすわりました。で、ふくらはぎがムキッとでてしまい、向かえの席の女性に注意されちゃいました。こちらでは、そんなに寒くない日でも、小さな子供はスキースーツを着ています。そして、マフラーは大人も子供も必ずと言ってもいいほどしています。「寒ければ、着れば!」ってことなのでしょうか。私としては、子供が軟弱になってないかが心配なのですが。
話は、少し、ずれるけど、息子の日本から持っていった半ズボンはドイツの物に比べ、短くて、ちょっと、浮いてしまいます。ズボンにかんしては、男の子を狙った犯罪防止の意味もあるらしいです。ドイツに来たばかりの頃は、靴もごついものが多くて、日本のズックみたいなのもなかったので、やっぱり、1人違う!って感じでした。でも、かわいい服は、日本のほうが多いかな。。。


投稿者 : 22:53 | コメント (0) | トラックバック (0)

このエントリーのトラックバックURL

http://mommy-s.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/461

コメント

コメントを送ってください




ログイン情報を記憶しますか?

(You may use HTML tags for style)